お互いが社会人になってある程度貯金をしてから結婚しようと話し合っていました。

結婚相談所 東京大学の時に付き合っていた彼氏とは、お互いが社会人になってある程度貯金をしてから結婚しようと話し合っていました。

しかし勤務地が離れてしまったことから、少しずつ疎遠になってしまい、結局別れてしまいました。

それからは職場でも出会いがなく、平日は仕事が忙しいので休日は疲れを癒すために家の中にこもる日々が続きました。

まだ友達も結婚していないので独身生活を満喫しようと考えていましたが、28歳を過ぎた頃から友達がどんどん結婚して出産ラッシュになりました。

他人に影響されることはないと考えていましたが、結婚式に出席したり出産祝いを贈るたびに、少しずつ焦りを感じるようになりました。

まだ結婚していない友達もいますが、ほとんどが彼氏持ちでいつ結婚してもおかしくありません。

一方の私は結婚どころか彼氏もいない状態で、両親からはそろそろ結婚したほうが良いとプレッシャーをかけられるようにもなりました。

しかし職場では出会いもなく、このまま自分から行動しなければ一生独身になりそうだと心配になったので、東京にある結婚相談所に登録することにしました。

28歳で結婚相談所に登録したときは若い方かと思っていましたが、20歳前半で登録している女性が多いことを知りびっくりしました。

男性の多くは若い女性の方を好むというのは知っていましたが、結婚相談所に登録したことで現実を知ったような気がしました。

ただ自分よりも年齢の高い女性も一生懸命婚活しているので頑張りましょうとスタッフから励まされ、相談所で紹介してもらえる男性と顔合わせを何度もすることにしました。

3ヶ月の間に10人ほどの男性と会いましたが、その中で特にフィーリングが合うと感じた男性がいたので、もう一度会いたいと結婚相談所のスタッフに告げました。

相手も私ともう少し話をしてみたいと言ってくれたので、今度は結婚相談所内の部屋ではなく、外で待ち合わせをしてデートすることになりました。